コンデレマシン製作~その1・ライジングトリガーARシャーシ対応編~

コンデレに挑戦してみたくなったので、マシンを作成してみました。(現在製作中です。)

ボディ

今回使うマシンはこれ。
CIMG4490

ライジングトリガー ホワイトスペシャル!!

名前はホワイトだけど、ミニ四駆では珍しい完全透明ABSボディ!!
一切色が無い。うっかり置き忘れると見失うぐらいの透明感。
マシン選定の理由も今回のテーマを実行するにはクリアなABSのボディ使う必要があるから。
いつもながらそのマシンの純粋なファンの方ごめんなさい。

シャーシ

ライジングトリガーWSは普通に組むとスーパーXXシャーシホワイト
今回白シャーシを使う必要があったのでこれでもいいんだけど、個人的にはARシャーシの方が好きだからARシャーシにしたい。
なので追加でエアロアバンテ クリヤーオレンジスペシャルを購入。
CIMG4563
ここから白ARシャーシを拝借。本当はAパーツも白にしたかったけど存在しないので蛍光イエローの物を合わせている。
CIMG4497
エアロアバンテクリヤーオレンジスペシャルに付属するのは大径タイヤスピードギヤ(4.2:1)
ライジングトリガーを乗せるには小径タイヤにする必要があるので、手持ちの小径ホイール超速ギア(3.5:1)に変更。
CIMG4496

ライジングトリガーをARシャーシに乗せる

ここからが本番。
ライジングトリガーをARシャーシに乗せようとしてもあっちこっちが干渉してしまい加工しないと乗らない
なので干渉箇所を削っていく

今回削った個所

思いのほか多い。

1:ボディの前方

本来シールを貼ると「SUPER」の文字が入るところよりもやや後方。
ここがARシャーシ前方の空気取り入れ口に干渉してしまう。(シャーシ側を削るのも手)
CIMG4493

2:モーター部(右側)

バー上になっている部分が微妙に干渉してしまう。ここは少しだけ穴をあければOK。
CIMG4491

3:ギアカバー部

ここはガッツリ干渉するので大きめに切り取る。
CIMG4494これでボディキャッチでシャーシをボディを固定出来るようにはなる。

CIMG4492実際は後からシャーシを組んだ。

しかし、これでは実際にホイールを付けるとホイールが干渉してしまう

4:フロントカウル

横部分は切り取ってしまってOK。あとは微調整。

5:リアカウル

問題なく着いたように見えてカウルとホールが擦ってしまうので要改修。
カウルの一番外側の弾を丸々切り取り、やすりで微調整。
CIMG4500仕上がるとこんな形になる。
CIMG4499

AR化完了

これでライジングトリガーのAR化完了!!
せっかくなので色合いが合う白と青のスラダンを装備して・・・
CIMG4564中に何かが見える・・・?
それは次回をお楽しみに
(むしろコンデレとしてはそっちがメイン)
続く!!

おまけ
ライジングトリガーのタイヤ。
CIMG4518
どこかで見たことあると思ったら・・・

CIMG4519 モーターバレル!

という事はこの時にパーツを譲ってくれたドラゴン野郎さんはライジングトリガーホワイトスペシャルも所持していたのか・・・

スポンサーリンク
ブログ用1
ブログ用1

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    これでライジングトリガーのAR化完了!!
    せっかくなので色合いが合う白と青のスラムダンクを装備して・・・