自作パーツ「デュアルランチャーアダプタ」

おもちゃ(ベイブレード) 改造
この記事は約4分で読めます。

久々の更新1

超王シリーズでメインとなるスパーキングベイランチャー
今までのランチャーとは別格なシュート力でシュート出来るので極めて強力ではあるけれど、

両回転対応していない(LRが無い)2

のが個人的な不満点3。ロングベイランチャーLRに慣れている身からすると不便。

使うベイに合わせれてランチャーを使い分ければ良い話だけれど、グリップに拘ると今となっては再入手が困難なパーツが多い4し、シュート毎に組み替えるのも面倒。持ち歩き時の荷物が増えるのもネック。

だから、右回転用も左回転用も一つのランチャーに纏めたい

そこでこんなものを作ってみました。

名付けて
デュアルランチャーアダプタ!

注意

便利なアイテムではあるけれど、参考にする場合は自己責任でお願いします
具体的にはシュート時にベイに触れないように注意
特ににレイジ
実際、超重量級レイジ5をシュートするときに油断してたらグリップを持つ手の親指を怪我した6。油断禁物。

使い方

このアダプタを使うことで「アダプタをつけたランチャーを一つのグリップ用のパーツとして使えるように出来る。

アダプターを付けたランチャーをグリップの反対側に取り付ければ準備OK。

これで「一つのグリップで簡単に左右両回転を撃ち分ける」という目的は達成。

回転方向を変えるときはランチャーを180°回して持ち替えるだけでOK
右回転モード
左回転モード

あくまでも部品なので、外すだけですぐにレギュレーションを守った形態に戻れる

もちろんパワートリガーといった他のパーツも併用可能。ランチャーへの接続部を使っているなら自作パーツ同士の併用もできる。

ベイブレード用自作パーツ「ランチャーホルダー」
先日、ドラゴン野郎さんに 「工具をベルトに装備するホルダーを加工して、 ベイブレードのランチャーを装着出来るようにする」 という改造を見せていただいた。 その改造が便利そうだったので、自分なりにアレンジして作成。 ラン...

自分好みに作ったパーツを2つも搭載しているだけあって、非常に手に馴染む。

作り方

正直見たままではあるけれど解説。

改造の概要

基本的にはナックルグリップカラビナグリップランチャー取り付け部にランチャーへの取り付け部を移植するだけ

ランチャー取り付け部

ランチャーへの取り付け部

今回は中古屋で200円で仕入れたナックルグリップを加工した。

①グリップ取り付け部の入手

まずはグリップ部分を分解

分解したらグリップへの接続のために欲しい部分を切り出す。

本来のメイン部分を捨ててしまうのは少々もったいない気もする。

切り出した部分のバリをとってあげればグリップ取り付け部は仕上がり

②ランチャー取り付け側の加工

こっちもまずは分解

あとは適当に①で用意した部品がつけられるように切り取っていく

このパーツは固いプラスチックで出来ているので切るのが大変。

グレーの外郭部分は大雑把に切ってから、実際につける部品を当てながら微調整。

いい感じに加工ができたら接着。

負荷がかかりやすい部位なのでプラリペアでしっかりと接着する

反対側も同様に加工。

外郭ができたら青いパーツの仕上げ。
キレイにハマるように削って仕上げる。

あとはストッパーをつけて・・・

上下から挟みこんだら出来上がり

一応分解するとこんな構成。

さいごに

以上デュアルランチャーアダプタの紹介でした。

実は作ったのは7月。3か月実際に運用しているけど使いがっては良好
特に破損もしていない。

ただ、ランチャーへの取り付け部分がここまで負荷がかかる使い方を想定されていないせいか、シュート時7ややカタつくことがある。
なので、グリップへの取り付け部分をより強固に補強する8のもありかもしれない。

また、このアダプタは「現状のスパーキングベイランチャーで両回転に対応するための苦肉の策」でしかない。もし今後、「スパーキングベイランチャーLR」が出たなら不要になる
ランチャー自体が1つで済んだ方がコンパクトにまとめられるので、スパーキングベイランチャーLRが出るなら出るでとても楽しみ。

注釈
  1. 約3か月ぶり。言い訳するなら主にPCが壊れてたため。[]
  2. 2020/10/18現在。[]
  3. ベイロガーが使えないのも地味に不満だけど、使えたところで対してメリットも無いので今回は気にしない。[]
  4. 特に色にもこだわる場合。[]
  5. レイジディアボロス.2D.Cm[]
  6. 当然自己責任。[]
  7. 特に超重量級や編重心。[]
  8. 具体的には周りからも包み込む構造にする。[]

コメント

タイトルとURLをコピーしました