ミニ四駆グランプリ2016 NEW YEAR東京大会 ~試合感想編~

マナーからずいぶん空いてしまったけど、正統派の感想編。

コース

今回のコースは超高速コース「2016ライジングサーキット」
目を引く「ライジングチェンジャー60」など、いくつか怖そうなセクションがあるけど、クリアするだけならそこまで難易度は高くなく、コースアウト率もそんなに高くない
見てた限りだと完走率は80パーセントほど(1レースに1人飛ぶくらい)

2016ダッシュロード

直線4枚のロングストレート。
ここでマシンの速度差が顕著に出る

20°バンクコーナー

2016ダッシュロードで速度を上げ過ぎて、ここで曲がりきれずで飛んでくマシンも地味にいた。
今回のコースの中では、コースアウトしやすい場所。

ライジングチェンジャー60

60度の傾斜を登らないといけないバーニングチェンジャー。
CIMG7415
多くのマシンが止まったJCのグライドバンク45よりも急ということで、初見では登れるのか不安がるけど、実際はほとんど空気
前に十分加速するセクションがあるので、トルクが無くとも勢いで登りきれる

試合結果

今回もお馴染みサス+ステアという超立体マシンで参戦。
去年同様速いサブマシンで出るのも考えたけど、それをやっても勝てる保証があるわけではないし、何よりも一番の愛機を使わないのは自分的に寂しい
というわけでいつもので。
調整はブレーキ限界まで上げてほぼノーブレーキ

結果は案の定完全に速度負け
1位とは半周差くらいついていたので、ゴール直前でマーシャルストップ
なので今回は完走ならず・・・

まとめ

・予想通り超高速コース
・今回の障害物であるバンクは祖勢い付けて登るのが速いし安定

というわけでNEW YEAR東京大会でした。
当日ご一緒したかめさんランドーさん、ありがとうございました。

CIMG7417
ランドーさんオマージュ。

余談:大会終了後

今までは、池袋ヤマダに行っていたけど、コース撤退してしまっているので、
今回は、どこかで走らせることもなく帰宅。
何とも言えない、心にぽっかり穴が開いてしまった感・・・
結局1日でコースを走らせた回数は公式コースの1回のみ。

スポンサーリンク
ブログ用1
ブログ用1

シェアする

フォローする