ナマコブシぬいぐるみ

ぶっし……

20日にポケモンセンターナマコブシのぬいぐるみが発売された。
価格は1匹1500円(税別)
ナマコブシが(・・)好きなので、発売日当日の朝に早速入手してきました。

それも2匹。

ぬいぐるみ ナマコブシ

全体

正面から。

横から。

後ろから、しっぽ(?)がモフモフ(※厳密には内蔵?)

後ろから(タグ側)

下から。

製品のタグと。
ちなみに、対象年齢は3歳以上

造型

ナマコブシの芸術的な曲線美をほぼ完ぺきに再現
公式サイトの宣伝だとやたらと目立っていた顔の布のつなぎ目も、実物ではそこまで気にならない

製造方法の関係か、所々(特に額部分とあるいは尻尾の付け根部分)が完全な丸みを帯びた曲線ではなく、わずかに盛り上がってるような所がある
ぬいぐるみなので個体差がある
完璧な曲線美の物も良いけど、額部分の盛りがりが前髪っぽく見えて個性が出るので、これはこれで味がある。

素材

素材は「ポリエステル」
さわり心地がなめらかで、撫でるととても気持ちが良い

ただし洗うのが大変なので、リアル砂浜に持って行ったら大惨事になりそう

大きさ・重量

サイズは
横幅 (・大・) :約12.5cm(トゲ込み:約18.5cm)
長さ (大・ )m:約18cm(しっぽ込み:約24cm)
高さ (・大・) :約10.5cm(トゲ込み:約13cm)

重さはぴったり100g

実に投げやすいサイズと軽さ!

残念ながら帽子に加工するのは一回り小さい。

色々な物と

ポケモンキッズのナマコブシと

ポケモンキッズのナマコブシと比較。

ポケモンキッズ「ナマコブシ」
......ぶっ 大好きなポケモン「ナマコブシ」も収録された「ポケモンキッズ VSカプ・コケコ!編」が発売されたので思わず購入。 ぶ...

…..ぶっ
ぶにゅう!

……ぶっ ……ぶっ ……ぶっ ……ぶっ ……ぶっ

ぬいぐるみがあからさまに(・・)きいので、ボスっぽい雰囲気を感じる。

パッと見、グレーの部分のの色味が異なる(ぬいぐるみの方が白っぽい)ように見えるけど、並べてみるとほぼ同じ色。(布なので毛の立ち具合によって白っぽく見えるだけ。)

せっかくナマコブシのトゲが6つなので、ポケモンキッズのナマコブシを装着してみた。

異形な生物感アップ!

フリックスのナマコブシRと

せっかくなのでフリックスアレイとして自作したナマコブシRと比較。

ナマコブシ×フリックス リターンズ
紹介編。 /ぶにゅにぃ......\ 以前に一度挑戦した「ナマコブシなフリックス」。 それをよりナマコブシらしくなるように...

布造形の柔らかぶっしと、パテ造形の硬ぶっしと、地味に対照的。

フリックスのナマコブシRもポケモンキッズよりふたまわり大きいはずなのに、それすら小さく感じる
これだけのサイズ差にかかわらず、重量差はたったの28g

ポケモンキッズも合わせて親ぶっしの上に子ぶっし方式で積んでみた。

バベルの塔ぶっし(3段)。

ツボツボ帽子と

自作のツボツボ帽子(ぬいぐるみ形態)と。

ツボツボ帽子
ツボツボ帽子を作ってみました。 材料費は帽子とフェルト合わせて300円。 製作期間は4日間(10時間程度)。中にタオルを入れ...

偶然とはいえ程よいサイズ感。
個人的に好きなキャラNo.1とNo.2(割と僅差)の共演。

ツボツボとは最遅(S5)生息域(海辺)謎生態と、公式での共演も期待できそうなくらいに共通点も多い。

帽子なのを活かして・・・

ナマコブシの ばけのかわ

ナマコブシの ばけのかわが はがれた!
ぶっ!

争奪戦編(inメガトウキョー)

なかなか熱くてハッピーエンドな戦いがあったので記録として。

前回ナマコブシメタルチャームが瞬殺だったという噂を耳にしたので、自分は早すぎない時間の開店約1時間前に到着して並んでいた
ちなみにメガトウキョーの並ぶ列は、サンシヤインシティの中に入って、ポケモンセンターの店舗の隣。最寄りのエスカレーターから見て左側。

この時点で列に並んでいたのは20人弱。その後も人が増えて最終的に50人以上はいたと思う。
『ナマコブシ目当ての人どれくらいいるんだろう? 多めに見積もっても10人くらいかな?』なんて甘く思っていた。

そして開店。
まさかの並んでた人ほぼ全員がナマコブシぬいぐるみに直行!
そしてナマコブシに無事辿りつけた人は皆さんが多々買い。(一人10個まで購入可能)
ナマコブシにはやっぱり揃えたくなる何かがある。

その結果、開店1分すら持たずに棚からナマコブシが消えるという事態に!
開店1時間前組の自分ですら1匹確保が精一杯。
(コスモッグ、アマカジはまだあった。)

「レジ付近の棚にもナマコブシがある」という情報もあったけどそちらも瞬殺。

この時に店員に「ナマコブシぬいぐるみありますか?」と聞いたところ、「奥にいっぱいありますよ」とありがたいお返事が。
そして、奥から一袋のナマコブシを持って来てくれたけど、袋から出した瞬間に当然瞬殺
(自分はこの時点で目標だった2匹確保成功。レジが混む前に会計を済ませて高みの見物モード。)

この数分の間に店内の人も増えて、ポケモンのぬいぐるみ新商品棚の周りには大量のナマコブシ難民が

一応「ナマコブシはまだあります」のアナウンスはあれど、他のぬいぐるみばかり補充されてナマコブシは一切出てこないという不安な状況が長く続いた。

少し経った後「まずは一人1匹まで(行っ渡った後に複数購入化)、専用列を形成する」というアナウンスが。
ぬいぐるみはスリーブなどと異なり棚に並べられる量が少ない品種なので専用列対応になったのかもしれない。

そして、形成される店の外まで続くナマコブシ列(といっても開店前よりは短い、しかも本来の入り口じゃないところから店外に出るショートカットルート)
まさか「ナマコブシ列」なんていう言葉を見る日が来るとは思わなかった。

同時に現れるトレーにこれでもかと詰め込まれた海産物感あふれるナマコブシ
そこから並んでいる人が淡々と手渡しで受け取っていく様はシュールとしか言いようがない光景

その後、無事欲しい人全員に行きわたり、ナマコブシ列は2~3分で自然消滅。
棚に普通に並びだし、ひと段落。

一番の勝ち組は、このタイミングでのんびりと気に入った個体を厳選して買えた人かもしれない

それにしても、店内にいる客ほとんどの買い物かごにナマコブシが入っているという状況は凄かったとしか言いようがない。

さいごに

・ナマコブシは大人気ポケモン。(ゲーム中では気味悪がられている設定)
・ナマコブシぬいぐるみは投げるのに最適すぎる大きさ(ある意味原作再現)
・開店時点で並んでた欲しい人全員に無事行きわたった。(ハッピーエンドだったからこそ争奪戦も笑い話に出来る。)

というわけで、ナマコブシぬいぐるみでした。
触っているだけでも相当癒されるのでナマコブシ好きにはオススメ。

スポンサーリンク
ブログ用1
ブログ用1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする