トレサスステアリングマシン分解

今回はどちらかと言うと小ネタ。

お馴染みトレサス+アクティブステアリングマシン
オーバーホール&ゴールドターミナルへの交換のついでに分解写真を撮ってみました。

ちなみに撮影したのはペラスポンジ大径化をする前。分割は特に変化ないけど・・・

ユニットごとに分解

マシンをユニットに分解して並べてみた。
CIMG5386

別アングルだとこんな感じ。
CIMG5389

こうしてみると、いかにもカスタマイズメカって感じで男心をくすぐる

ちなみにユニットは左上から
・後輪+ギア
・モーターカバー
・前輪(ステア)+ギア
・ステアリングリンクパーツ
・両軸モーター
・シャーシリア+リアステー+ブレーキ
・センターシャーシ
・バッテリーホルダー
・シャーシ前+スライドダンパー
・ボディキャッチ
・ボディ
・その他(トレサス可動部一式、スタビ、固定用ネジ)

パーツが細分化しているので、万が一破損してしまって交換しなきゃいけないときも比較的楽。

組立

せっかくなので、組み上げながら段階ごとに撮った写真トレサスマシンを組む楽しさを表現してみる

センターシャーシを用意。
CIMG5392

モーターを装着。
CIMG5393

前後シャーシを装着。
CIMG5394
これで、シルエットがミニ四駆のシャーシらしい形になった。

前後ホイールを装着。
CIMG5395
ここまでは普通のミニ四駆と大体同じ工程。
ユニット自体にギアが付いているのでシャーシにギアを乗っけるのは無し。

モーターカバー装着。
CIMG5396
ここのネジが一番早くダメになりそうで不安・・・

トレサスを組む。
ついでにバッテリーホルダーも装着。
CIMG5397
サスにバネを入れるのが「これぞトレサスマシン!!」って感じで、組んでて一番テンションが上がるパート。
(バネの交換とかで飽きるほどやることになるんだけど。)

ステアリングリンクパーツを装着。
CIMG5398
これでシャーシは出来上がり!

ボディを載せる。
CIMG5399
出来上がり。
お疲れ様でした。

さいごに

と言うわけで、メンテナンスついでに撮ってみたトレサス+ステアリングマシンの分解関連でした。
これを見た人のトレサスに挑戦したい欲が高まったなら幸いです。

スポンサーリンク
ブログ用1
ブログ用1

シェアする

フォローする