自作レフ版

役立つかも 製作
この記事は約2分で読めます。
ブログを始めてから小物を撮る機会が増えた。
毎回「」に悩まされていたので、いつか作ろうと思っていたレフ版を作ってみた。

材料

・アルミホイル
・テープ
段ボールみたいな構造のプラスチック版
(普通の段ボールでも問題ない。流用できそうだったので100均で購入。一応防水性もUP(?)。)

a37b5f3f
こんなの

作り方

2ヶ月位前に自作レフ版について軽く情報収集したときのうろ覚えな記憶が頼り。

1、段ボールをちょうどいい大きさに切る。
今回は扉用のプラ版を流用したので、まずは余る部分を使って穴を埋める。
d8dc12ae

そのあと2つにカット。
79f16963

2、ちょっと長めにアルミホイルを出し、軽くクシャクシャにしてシワを作る。
うろ覚えな記憶では、シワがあると光を拡散していいらしい。

ここで注意点
クシャクシャにするからと言って強く丸めてしまうと戻破かずにすのが困難になるので、1部分ずつ
慎重に戻そうとしても破れかねない

af00341d
1回やってしまった・・・勿体ない・・・

3、段ボールにアルミホイルを張り付ける。
今回は透明なテープを使用。

爪が長いとアルミホイルに穴を開けてしまいやすい。
でも大丈夫。小さい穴なら、裏からアルミホイルの切れ端を貼れば問題なし
a8979e44
これを張る。2で失敗したアルミホイルを再利用。

端が破れてしまうことも。
7ff1c5ab
でも大丈夫、少しなら、アルミホイルの切れ端を貼れば気にならない
a8979e44
こr(略)

 

そんなわけで出来上がり

5719fcd1

「写真を撮るときに使うレフ版の写真を撮る」という自己言及的な写真。
ピントを合わせるのが難しい。これを使って写真を取ると。

bwfor
43351e0f

after
7cb2b0d8
影が消えた!!
照明はあまりいじってない・・・はず。

ちなみにレフ版のサイズが中途半端な理由はA4ステーショナリーケースに入るから。
296f8f92
これで持ち運びも楽。

追記

レフ版以外の光を拡散させる方法について書きました。

おまけ

ペンギンの包み焼
8129e779

コメント

タイトルとURLをコピーしました