ドレインファブニル.8.Nt

先日購入したドレインファブニル.8.Ntの感想を簡潔に。

レイヤー:ドレインファブニル


左回転とラバー素材で相手の回転力を吸収するスタミナタイプのレイヤー。
ベイバの左回転レイヤーとしては3体目。
デュアルレイヤーシリーズと同等程度にロックは緩め。
とはいえ、戦法的にロックが固かったバランス崩壊にもほどがあるので妥当なロック。

ディスク:8

「8」のモールドが8個あるデザインが素敵な外重心系フレーム対応ディスク
フレーム系ディスクは使い分けが難しい・・・

ドレインファブニルのセットにはフレームは付属しない
2000円以上購入で限定カラーのフレームとゴッドチップが貰える「神(ゴッド)パーツキャンペーン」が開催されているので、それで入手できるグレイブを付けるのも手。

ちなみに2000円円以上というのが絶妙で、ファブニルとライトランチャーLを同時購入しても1300+500=1800円ギリギリ達成できないバランス。グリップや同時発売のランブ―を同時購入したくなる値段。

欲を言うとラバー系素材のフレームがついていたら完璧だった。(強すぎるか・・・)

ナッシング

中に弱めのバネが入ってショック吸収ギミックが内蔵されたドライバー。

実用性はともかくとしてフリー回転軸でもある。

非公式改造として中のバネを交換するのも楽しそうなので・・・後のランブ―収録が楽しみなドライバー。

エントリーランチャーL

なぜかエントリーランチャーという名前なのにプロトランチャー寄りの形状

プロトランチャーLと言われた方がしっくりくる。

神シリーズからエントリーランチャーになったのはコストダウンが本来の目的なのはわかるけど、相手の回転を吸収=弱いシュートが基本戦術になるファブニルとは相性抜群のランチャー
レギュレーション上、手で投げ入れるのは禁止されているけど、エントリーランチャーなら堂々と公式で使える。

ベイロガーが付けられないのが惜しまれるけど、弱シュートを使う以上、ロガーの平均パワーが下がってしまうのは避けられないので、配慮と言えなくもない。

ライトランチャーL

同時発売されたバイバ待望の左回転ワインダーランチャー。
当然ロングワインダーも使えるので、ワインダー派としては非常にうれしい。

使用感想

先日の玩具会参加した際、愛用のランチャー&ベイ一式を家に忘れたので、道中で調達したファブニル+ランブーのパーツを中心に遊んでいたけど、普通に実戦級

吸収左回転の時点で当然、ほとんどの右回転とは互角に渡り合える

ただし、ドレインファブニルを使った時点で(特にエントリーランチャーL使うと)弱いシュートと見抜かれてしまうので、駆け引き面では弱シュートでも強シュートでも立ち回れるロストロンギヌスの方がやや優秀な印象


攻撃カスタムで突撃してくる左回転のロストロンギヌスとは絶望的に相性がわるい。

カスタマイズを試した限りでは、グラビティ+ホールド (dFGH) or アームド+ホールド(dFAH)が使いやすかった。
ロンギヌスといい左回転とホールドは相性がいい模様。

また、今回でついに実用性はともかくとして、ロストロンギヌスドレインファブニルドラグーンS左回転だけで3デッキバトルのデッキが組めるようになった
ついでにドラゴンデッキでもある

ロンギヌスもファブニルもホールドドライバーとの相性が良いのでどちらに使うかが悩みどころ。

整形不良?

自分の入手した個体のみだとは思うけど、ゴムの部分がきちんと形成されておらず、少しダマになっている部分があった。

正常部分

今回のダマ状

機能上問題もないし、どうせ自分は公式戦に出る事は無いから交換とかはしないけど、レギュレーション的にどう扱われるのか気になる・・・

というわけで吸収戦法好きには非常にオススメなドレインファブニルでした。

スポンサーリンク
ブログ用1
ブログ用1

シェアする

フォローする