ねずみとり ~改造編~

昨日紹介したネズミ取り

「最近屋根裏にネズミがいるっぽい」という理由でネズミ取りを購入。 そんなわけでネズミ取りについて。 今回買ったネズミ取りはこれ。 ...

今回設置したい場所は屋根裏
なので、ネズミが掛ったか調べにいちいち行くのは非常に面倒
というわけで、部屋にいながらネズミが掛ったか調べられるように改造してみる。

目標

今回の目標は
・材料費は安く(廃材を利用)
・安全に、漏電とか起こらない様に。
・シンプルに作る
の3つ。
わざわざ暗視カメラとか買うのもお金かかるので、ちょっとした工夫で対応。

部屋から「ギミックが作動したかを確認できればいい」ので、自動的に通知する系の機能はオミット。単なるスイッチに出来ればいい。
(常に通電させるとなると、面倒&漏電が怖い。)

完成品

というわけで出来上がったのはこれ。
CIMG7011

ネズミ取りの金網自体電気を通すので、部屋まで引っ張る用の導線(黒)金網と今回作った仕掛けの導線(ピンク)に繋ぐ。

原理は超単純。
CIMG7009

ギミック待機状態で導線(ピンク)金網に触れるようにしておく。
この時点では金網導線が繋がっているので通電している

そして、ギミックが発動したら金網導線離れる
CIMG7007
こうなると通電しなくなる

部屋で調べる時は、通電しているかを見てあげればギミックが発動したか判定できる
強い電気だと漏電が怖いので、テスターの通電チェックや適当にモーターと電池をつなげばOK。

今回の工夫は導線の固さ。
金網にはフックのようにしっかり引っかかるけど、ネズミ取りのギミックのバネの力で簡単に外れる程度の、そこそこ堅めの導線を使用。。

加工時間は30分。(アイディア出しも含む)
材料費は全部廃材なので0円
一応目標は達成。

というわけで

ネズミ取り編でした。
最後になりましたが、この方法を試す場合自己責任でお願いします
また、改造する場合、怪我・衛生面にはくれぐれもお気を付け下さい!

上記改造後、実際に仕掛けて様子見中。
1日たった今現在はまだ導通している・・・(まだ捕まえていない)

スポンサーリンク
ブログ用1
ブログ用1

シェアする

フォローする