シャフト貫通

先日行ったお宝あっとマーケット町田店

その時はパーツが外れても皆が探してくれる雰囲気だったので、調子に乗って走らせたサブマシン「比較的速いやつ(MAシャーシアズール)」
CIMG5810
速い(僕の所持する中では最速)けど、その分パーツへの負荷が大きいのか、案の定大径ローハイトタイヤが外れてしまう
その場にいた少年から「シャフト貫通」を勧められたのでやってみることにした。

前提:大径ローハイトタイヤ

CIMG5811
ローハイトな大径で便利ではあるけど、比較的ダメになりやすい
具体的に言うと、すぐにシャフトから抜けやすくなってしまう
特に620ベアリングを使う場合、シャフトにホイールを完全に押し込めなくなってしまうので、本当に抜けやすくなる。620ベアリングはほぼ全員使う物なので割と致命的
今まではダメになったらすぐに交換する消耗品と割り切って、常にホイールの予備を持ち歩いていた。とはいえ使い捨てだと金額がシャレにならない
まあ、ダメになったらなったで大径ペラスポンジタイヤのパーツに流用するから良いんだけど。

余談になるけど、ホイールは頻繁に交換するのに、タイヤは弱くないのであまり交換しない。このホイールは専用の径なので、他に使いまわすことはできない。なのでこのタイヤのストックはどんどんたまる・・・

軸貫通に使う物

72mmのシャフト。本来はX系シャーシに使うやつ。
今回は中空ステンレスを使用。

CIMG5812

うっかり4本入りのシャフトが目に入ったせいで『ミニ四駆1台に付きシャフト4本使うから、2袋必要だな・・・後予備を1袋・・・』と言う思考になり、3袋も買ってしまった本来1台に付きシャフト2本しか使わないから1袋でOKと気がついた時にはあとの祭り。どこかで使うだろう・・・

余談になるけどXシャーシで貫通させる場合、ステアリングシステムのシャフトを使う。ステアリングシステムのランナーは多用するけど、長いシャフトは余っているから、こっちも今度試してみても良いかもしれない。

やり方

シャフトが入る穴から2mmのドリルを入れ貫通させる
手持ちにあった2mmを使ったけど、理想を言うと少し小さい系の1.8mm位が良さそう。

今回は頑張って手で刺したけど、本来はハンマーを使ってホイールにシャフトを打ちこむ
精度的意味で全くオススメはしないけど、手でやる場合手にシャフトを刺さない様に本当に注意うっかりやると病院レベルの大参事

無事72mmシャフトでホイールを付けることが出来たら出来上がり。
CIMG5813
MAシャーシ+620ベアリング+大径ローハイトタイヤの場合、丁度左右のホイールの面から面の長さが72mm位で、全くはみ出ない。本当にピッタリなので結構気持ちが良い。
また今回は「中空」。ホイールの中心から反対側の光が見えるのも不思議な感じ。
CIMG5816

実戦結果

貫通シャフトがどれほどのものなのかお宝あっと相模原店の模擬JCコースで試走。
速度重視の強立体を意識していないマシンなので、案の定コースアウト
でも、何度コースアウトしてもホイールが外れない!(今までは1発でもアウトの事も多かった)
やりたかったこと的には大成功と言っていいかもしれない。

まとめ

メリット

・ホイールの消耗ペースが下がるので金銭的な負担が減る
高価な620ベアリング貴重なモーターワッシャー失う危険性が減る
これらは精神衛生上非常にいい

最後に

ホイールのシャフト貫通でした。
やる前はハードル高く感じてたけど、案の定やってみると意外と簡単

でも簡単な割にメリットが非常に大きい。金銭的にも結構浮く。
なので、ホイールが外れるのに困っている人は、消耗品と割り切る前に真っ先に試してみるのおすすめです。

特に大径ローハイトタイヤ使用者なら必須レベル!!

スポンサーリンク
ブログ用1
ブログ用1

シェアする

フォローする