フリックス「ハーフミラーボックス(実験機)」

おもちゃ(フリックスアレイ)

先日1、素材の検証も兼ねて試作したフリックス2

その名も「ハーフミラーボックス」

制作時間は2時間程度。
玩具会当日の朝に思いつき、出発前に勢いで作り上げた一品。

機体名は実験機/試作機3なので、こだわり無くそのまま4

もともとはコレに装飾パーツを追加して機体として仕上げる予定だったけど、大きく作りすぎて拡張性が無いため凍結中
この段階で暫定完成品とした。

特徴

機体上面がになっている。

鏡なので当然反射する。(ゲスト:ナマコブシR)

ナマコブシ×フリックス リターンズ
紹介編。 /ぶにゅにぃ......\ 以前に一度挑戦した「ナマコブシなフリックス」。 それをよりナマコブシらしくなるようにリメイクしてみました。 リメイクした動機はポケモンキッズを眺めているうちに、完璧なナマコブシの...

ただの鏡に見えてるけど・・・

gifアニメ。

機体名の通り「ハーフミラー」で作られたもの。(「マジックミラー」とも言う)
なのでLEDによる文字を投影してみた

からくりは単純。
ハーフミラーは明るい方から暗い方へは光を通す
だから、内部の光源を鏡面に投影できるというスマートミラーなどで使われている仕組みを流用。
今回はLEDバッジ(後述)を光源として使用したので文字が投影できる。

ちなみに、ハーフミラーは東急ハンズで購入した

100mm*100mm*2mmで税別410円。

ギャラリー:各アングルから

ギミックがバレたところで、投影状態で機体の各方向から。

おなじみ斜めアングル。

角度・光源の状態によってはうっすら内部が透けて見える。

正面。正面から見るとただの箱。

 

側面。

やはり側面もただの箱。

 

最後に、唯一「何かがある」感がする後方。

LEDを仕込むための肝。

LED部分

今回、発光にはLEDバッジを仕様した。

値段は1800円。(色によって異なる)

様々なメーカーから出ているけど、今回はShigezoneで売っていたものを使用した。

使い方は電源スイッチを入れればLEDが発行して文字を表示
PCとUSBで繋いで専用ソフトを使えば、表示する文字を自由に設定可能なスグレモノ。

今回はとりあえずフリックスの宣伝文を入れた。

フリックスへは後方の穴からLEDバッジをそのまま差し込んで装着

装着中。

奥まで入れて装着完了。

LEDバッジを取り外すときは、機体の裏側前方にある穴から指で押し出してあげればOK。

地味に重要で便利なリリース穴。

LEDバッジを装填しているだけなので、同サイズのLEDバッジと交換すれば色の変更もできる

何気にピンク発光のLEDバッジはレアだったりする。

「(・大・)」をピンクで表示したいという理由だけでピンクのLEDバッジを買ったと言っても過言じゃない。

フリックスとしての性能

ベース&シャーシは「レイコンデンサー」でも使った、「マルチベースシステム」を採用した
機体にベースを取り付けるスペースが設けられているので、必要に応じて好きなベースを取り付けて使える
なので理論上は超特殊なものを除けば全てのシャーシに対応。

ベース非装着の状態。

ワイドベース装着時。
ワイドでもこれだけ余裕があるので少し幅広に作りすぎたかもしれない。

最小のオリジンベース装着時。

残念ながら、ただの直方体な上に、重心高め重量自体も軽めということで、実践性能はほぼ皆無
とはいえ、運搬は容易というメリットも一応ある

装飾:「インフェリア」パーツ

ただの箱というのも寂しすぎたので、機体っぽくまとめるために、とりあえず懐かしの「インフェリアナックル」のパーツを付けてみた1日限定バージョン。

貼るだけで「何かの機体っぽさ」が出せるインフエリアパーツは本当に便利。

発光時。フリックスの広告表示機能付きインフェリア。

さいごに

この機体の時点では1発ネタの域を出ていないのが実情だけど、この機体を作って遊んだおかげで、ハーフミラーの実運用上の特性や、加工の特徴が把握できたのは大きな収穫
やはり試作は大事

今回の経験を踏まえて、ハーフミラーを利用した無限回廊「オカルトアソート」に。
LEDバッジと合わせた同一のギミックは「エテルニック=ルミネッジ」に引き継がれていくことになる。

フリックス「超自然!オカルトアソート」
対戦競技としてのフリックスをしていると、ふと思う。 勝負は時の運。 パワーやテクニック、機体性能も大事なのは当然だけれど、それだけでは勝てない。運が絡んでくる部分があることも事実。 実際、アスリートや勝負士の中には独自の開運ルーチン・...
フリックス「エテルニック=ルミネッジ」
新たなフリックスを作ってみました。 エテルニック=ルミネッジ かつて作った光剣機「ダガー・ルミネッジ」の名を次ぐ後継機として作成。 ルミネッジシリーズの特徴はもちろん搭載。 発光ギミック!! 今回の裏テーマは明...

 

以上、ハーフミラーボックスの紹介でした

 

追記

2020/5/18 エテルニック=ルミネッジへのリンクを追加

脚注

  1. 2019/11/30 すなわち5ヶ月以上前
  2. ユージンさんが提唱している次世代おはじき競技玩具。フリックス・アレイについての詳細はフリックス・アレイ公式を参照。
  3. 素材の特性確認・ギミックの検証用
  4. 一応「マジックミラーのマシン」と言うと別のものを連想される傾向があったので避けた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました