改造ペンビーその2

先日作ったパーツ

6c353245

を付けて遊んでいると、力加減がわからず全力で押し込んでしまい、ホールドパーツもろとも飛んで行ってしまうことが多かった。(特に貸したとき。)

始めは気にしていなかったけど、繰り返すうちにプラスチックが変形してしまったらしく、セーフティパックを付けて軽く撃っているにもかかわらずホールドパーツが飛んでいく事態に・・・

そんなわけでまた改造。

今回は予備もあるから穴あけとかも躊躇なく。


さっそく完成品。
a788e8ee
正直、前からじゃよくわからない。
837e1537
後ろから。

ff8625c5上から。

自作ウイングによって、ホールドパーツを閉めて威力アップ!

ホールドパーツに接続されたウイングが本体と密着しているので、ホールドパーツが飛んでいく心配もなし。これで一応連射もOK。

ウイングの長さは、ペンビーの腕を回してもぎりぎり干渉しない長さという個人的なこだわり。(重要)

5a2d9f87

作り方と補足

1、ピンバイスを使って、ホールドパーツの穴を貫通させる。
befor(というか別個体)
d1dd0eb1
after

37690dc6

2、おなじみの仕切り板をこんな感じに切る。
7d087636
穴の位置は前回作ったパーツでホールドパーツを閉めた位置に合わせる
強度に不安はあるけど、このパーツだけでもペンビーにしては十分なパワーショットが可能。

これを4枚作る。(左右それぞれで位置合わせするから2枚ずつ作るといった方が正しい?)

3、先日作ったパーツの縮小版みたいなパーツを作る。
7ca3a1ad

befor    →→→→→→→   after
幅はホールドパーツの厚さと同じ。
言い換えると昔懐かしいパワーチップ

4、ねじとナットでホールドパーツにパーツにウイングを固定する。
34b3a864
余談になるが、ホールドパーツの穴の直径は「2.5mm」
ちょうどいいねじが無かったので直径2mmのねじを使用。
ウイングが少しがたついてしまうため、威力が少し下がってる・・・

5、ホールドパーツと本体の隙間にパワーチップを差し込む。
6e2a6fda
完成。
パワーチップを押し込むと威力が少し上がる。

一応おまけのギミックとして、どこかのワイバーンみたいに
0971a3be
ウイングを引くとホールドパーツが閉まる
も付いてはいるけど、やっても効果がわからない上に強度的にとても不安と残念な結果に。

しかし、これだけやっても無改造のスピーダーフェニックスのパワーに勝てない・・・
勝つためには本格的なドライブ化をするしかないのか・・・?


余談
折角連射に対応したので、ワイドマガジンを付けてみた。
が、ホールドパーツを狭めてるから詰まりやすい
そして外すとき・・・案の定外れない
ワイドマガジンのほうがクイックローダーマガジンよりもはるかに外しにくい。

最後の手段として「マガジンとカラービットコードのある耳(?)の隙間にマイナスドライバーを押し込む」という力技で何とか外すことに成功。無駄な時間を食ってしまった。

がっちり固定されて外れないのは対戦ではメリットだけど・・・

スポンサーリンク
ブログ用1
ブログ用1

シェアする

フォローする