ジェットストリーム4&1のシャープユニット修理

使いやすいので愛用している三菱鉛筆(uni)の多機能ペン「ジェットストリーム 4&1」
CIMG8380

今回、これのシャープペンユニットが壊れてしまったので、修理を試みてみた。

1000円なので正直買い直した方が良いのかもしれないけど、手になじんでる、言わば一種の「愛機」なので、出来る限り直したい。

修理手段

考えられる修理手段。

新品買ってきて移植

ジェットストリーム4&1の新品を買ってきて、それのシャープユニットを移植する方法。
確実に直るけど本末転倒な気がするので、最終手段として保留。

シャープユニットのみ注文

価格帯が価格帯なので、ユニットのみ注文出来るとは思ってなかったけど、ダメ元で文房具店で確認。
結果から言うとユニットのみ買うことは可能
ただし取り寄せ。(需要あるものとも思えないから当然だけど)
入荷がいつになるかわからないし、料金も不明。
そこで次の方法があることを教えて頂いた。

スタイルフィットのシャープリフィル

同じく三菱鉛筆のスタイルフィット用のシャープリフィルを使う方法。
実はジェットストリーム4&1のシャープユニットとスタイルフィットのリフィルのシャープペンのユニット自体は同じ物

CIMG8384上がジェットストリーム 4&1。
下がスタイルフイット。

なので、シャープリフィルを買ってきてシャープの機構部分をそっくりそのまま交換することで簡単に治せる。

スタイルフィットは自由にリフィルを組み合わせて使うシリーズなので、元々リフィルがばら売りだし、お店に在庫もある為入手も容易

ただし、この方法は同じジェットストリーム4&1でも時期によって出来るものと出来ない物があるらしい。そこは注意が必要。
(ジェットストリーム4&1を一旦分解して、スタイルフィットのリフィルと同一形状か確認すればOK)
今回は、この方法を採用。

修理方法

もはや改めての説明不要な気もするけど一応。
①スタイルフィットのシャープリフィルを買ってくる。

CIMG8383
定価180円。世界堂価格155円で購入。

②ジェットストリームを分解。シャープユニットを取り外す。
(通常の芯補充と同じ。)
CIMG8381
CIMG8382

④シャープリフィルのシャープペン部分をジェットストリームに付ける。

⑤ジェットストリームを元通り組み立てる。

CIMG8385これで復活!

まとめ

・ジェットストリーム4&1は製造時期によってシャープユニットの形状が異なるらしい。
・現行のジェットストリーム4&1のシャープユニットとスタイルフィットのシャープリフィルのユニットは同じ物。
・ジェットストリーム4&1を買った時期にもよるけど、シャープユニットは200円以内で直せる。

スポンサーリンク
ブログ用1
ブログ用1

シェアする

フォローする

コメント

  1. せいな より:

    はじめまして、こんにちは。
    この記事を見て、シャープペンユニットの交換に成功いたしましたことをご報告させていただきます。

    多機能ジェットストリームは6年使っており、シャープペンが壊れてしまってからは3年くらい経ちます。いただき物でしたので買い替えることなく、また、シャープペンはあまり使用していなかったので、そのまま使っておりました。
    しかしながら、最近仕事でシャープペンを使う機会が増え、どうにかならぬものか?と、ネットで検索し、こちらのページにたどり着きました。
    いや、もう、本当に助かりました!!!
    部品はすぐ購入できましたし、安かったし、何より説明が詳細でしたので、やってみよう!という気になりました^ ^

    ありがとうございました。