ディズニーを効率よく回るコツ

今回ディズニーシーを回るにあたって取った方法をせっかくなので書いててみる。

デジズニーシー基準で考えてますが、ディズニーランドや他の遊園地でも使えると思う。
※自分には合っている方法ですが、他の人にも合うとはかぎりません。あしからず。

先に結論

ディズニーを回りきれるかは案内者の実力よりも当日の込み具合、天候の方が重要

混んでいたらどんな熟練者でも制覇は不可能

今回上手く行ったのは「天気予報上は雨だったけど昼過ぎまで晴れてくれてた」という最適な天気だったからだと思う。天気に感謝。

勝利条件の設定

今回何をしたいか、どれを最優先するのかを明確にする。

・ショーを良い位置で見たい
・とにかくアトラクションにいっぱい乗りたい
・特定のアトラクションにさえ乗れればいい
・食事を楽しみたい
・まったりと雰囲気を楽しみたい
・特定の相手を楽しませたい
etc・・・

最初にこれをきちんと決めておかないと「本当は園内の雰囲気とショーを楽しみたかったのにアトラクションに並んでばかりで疲れた・・・」と、なりかねない。(もっともそこは流石のディズニー。マッチしなきゃしないでもそれなりに楽しめるけど。)

また、一緒に動く人の趣向や体力とかも参考にするのを忘れずに

「これ」と決めたら他をすべて捨てるぐらいの覚悟のほうが良いかも。(アトラクションのために夜のパレードを捨てる。パレードの為にだいぶ前から場所取りをする等)

日程を決める

予定に合わせて日程を決める。
可能な限り空いている日が望ましい。
混雑予測サイトなどもあるのでそれを利用するのも手(合っている保障は無いけど)。

おそらくディズニー攻略で一番重要な要素は当日の込み具合
ガラガラなら超イージーモードだし、超混雑日なら下手すると入場制限。

園内でのプランを立てる

ぶっちゃけ並ぶ時間やファストパスの時間などが把握できないので、事前に詳細なプランを立てるのは無意味だと思ってる。
これに乗りたい等を決めるだけで十分。
また見たい時間指定のショーがある場合、公開時間・回数を調べておく(重要)
この時間を基準に考えていくことになる。

また、園内のマップを見てどことどこが繋がっているかどう行くと近いか位置関係は把握しておいた方が良い。(特にディズニーシー)

行くのが超混雑日なら、最優先を決めておく。

園内での行動

ファストパス(FP)を活用する

・次の券が取れるようになったらすぐ取りに行く。
・無くなるのが早いアトラクションを優先する。
・パーティ分離も視野に入れる。
・ぶっちゃけ何が何でも乗りたいアトラクションのを取るのが正解だとは思う

アトラクションの込み具合を把握する

目安となる待ち時間を自分の中で作っておいて、それと比較して長い場合は後回しにする等。
このタイミングならこれくらいの待ち時間だろうというのを予測してピタリと当たると楽しい。

可能な限り移動を少なくする

移動時間がもったいない。
ただし、あくまでも理想論。実際はFPの発行タイミングや混み具合に合わせて臨機応変に動きまくる

一時休止しているアトラクションの把握

復旧直後は待ち時間が短い
運よく(狙って)復帰したぐらいで入れると効率が良い。

グループを分けて行動する

原則アトラクションの列内での合流はできないけど、パレードの場所取りファストパスの発券はできる。
なので、上手くグループで分担すると効率が良くなる。

補足:「1人にチケットを預けファストパスを発券してきてもらう」。
・絶叫系に乗れない人に頼み込んでみる。
・お父さんがトイマニFPに並ぶ間に子どもはタートルトーク等(子ども連れにオススメ)

シングルライダーを駆使する

シングルライダー対応アトラクションはシングルライダーを使って1人ずつバラバラに乗る
この方法を使うと混雑するアトラクションでも素早く乗れる
ただし欠点もあって、乗車中の会話できないし、乗車中の写真も皆バラバラ。アトラクションによっては演出の違いで印象が変わってしまうかも・・・
特にレイジングスピリッツでオススメ。

閉園間際30分を活用

閉園間際30分は全体的にアトラクションが空く。
もっともお土産タイムが犠牲になるけど・・・

早めに行動する、時間をずらす

夕飯の時間をワンテンポ早める。上手くいけば混雑する時間帯を回避できる
さらにみんなが夕飯に行く時間にアトラクションが少し空く副次効果付。

食事を楽しみたい・子供がいるとかではない限り食事をしないのも一つの手

最悪に備える

乗りたいアトラクションが緊急運休、ショーが雨で中止などでもめげないで気持ちを切り替える
超混雑している場合、クオリティ高いのに比較的空いているアトラクションを中心に攻める等。

さいごに

というわけで自分なりのコツについてまとめてみました。
参考になれば幸いです。

最初に書いたけど小手先の技術よりも当日の込み具合が何よりも大事
開き直って雨の日狙うのも作戦の一つ

スポンサーリンク
ブログ用1
ブログ用1

シェアする

フォローする