レーザーサイト2 紹介編

先日、PIパーツ「レーザーサイト2」を手に入れた。
CIMG4115
電池は切れていたけど、今のご時世ボタン電池程度なら100均で仕入れればOK

バレルパーツとしての性能

覗き込むとこんな感じ。
CIMG4113
四角いバレル丸い出入口
残念ながら引っかかる個所が多くバレルパーツとしての性能は決してよろしくない
この問題点はハイティングリンクスにマガジンとして装備すれば解決できるのかな?
(完全なピント合わせ機能はなくなるけど)

発光部分

分解するとこんな感じ。
CIMG3924
CIMG3925
CIMG3926
電池交換はバレルの分解→発光器の分解と手間がかかる。
(どちらもねじ止め・計5個)

発光部分ではスリッドを通して絞った光を出してくれる。
CIMG3928

何よりの問題点は
光量が致命的に弱い事
部屋が明るいと何も見えない
部屋を暗くして何とか見えるレベル

ピント合わせ機能

バレル上部のダイヤルを回すことで発光部分が前後する
これをきちんと動かすにはグリスアップ必須
これにより光源のそばにあるレンズバレル最前部の二つのレンズの距離を調整しピント合わせができる
CIMG3927

CIMG3929
ピント合わせ機能は弱い光源でもサイトの光量を稼げるので便利!

実際に使ってみる

装備するとこんな感じ!
CIMG3939
手元にあったノーチラスポセイドンを使用。

実際のターゲットを狙うとこんな感じ。
CIMG3934
ターゲットがモノアイみたいになってしまった。(後述)

ちなみにこのノーチラスポセイドンとレーザーサイト2の相性は最悪
そもそもノーチラスは弾道が上気味なので全てのバレルと相性が悪い
威力減衰が半端なく、バレルの先端から弾こぼれしたかのような威力になってしまう。

というわけでレーザーサイト2の紹介編でした。
光量が弱すぎるけど機能的には面白いパーツ。
光量さえあれば・・・
そのための改造編に続く

おまけ

ザクの日という物がありtwitterにそれっぽいというだけで便乗して上げた画像。

CIMG3934d

スポンサーリンク
ブログ用1
ブログ用1

シェアする

フォローする