アサルト=ドラグレン(その1)

前回の更新からだいぶ間が開いてしまった…

再びビーダマンに深くハマったきっかけの一つドラグレンがeチャージ機として帰ってきたので、開店と同時に購入。

c734a152

機体性能アニメ版での使用者のキャラクターデザインクライス=レイドラとかぶっていたのでどうなるか心配だったけど無事再登場。

というわけで、いつも通り基本機能の解説は他の所におまかせして細かい感想。

赤は赤でも明るめの赤色になった。(マガジンスタピライザーと同じ色)
前作後継機の中では一番色が変わった

ちなみに、クロスファイトの赤い機体をまとめるとこんな感じ。

fbfb5f83

左からFドラグレン足、ガルバーン足、Aドラグレン足、ペンビーグリーンホールドパーツ、ペンビーレッド腕。

シール貼り

・目のシールがしっかり貼れてない。なので補強は必須。
 でも、言い方を変えると「簡単にはがせる」ってことだから、ボディの塗装とかする人からしたらありがたいのかもしれない。
・ドラグレンのシールは全体的に大きめ。張りやすいけどずれやすい。
角パーツのシールを分解しないで綺麗に張るのは困難

分解して張り直すなら最初からランナーにしてくれた方が・・・

アサルトコア

5409e07c

全体的にクライスコアとそっくり。外枠は全く同じ。

トリガーはロングトリガー
超龍Wセットのブレイク=ドラグレンの進化形とも言えるかも。
クロスファイトのロングトリガーでは初の「スプリングを一本の軸に通さない普通のトリガー」形式。

トリガーの長さはこんな感じ。

6a5a9678
長さだけ見ればワンサイドコアのトリガーよりわずかに短い程度。

ホールドパーツもぱっと見、クライスコアとほぼ同じ。

eb5083b9

正面から見ると4本爪っぽいモールドが付いている。

a13402af

クライスコアとの最大の違いは無チャージ時の威力。

無チャージでもesシリーズトップレベルの威力
チャージしたら、クロスファイト全体でみても上位(公式レギュレーションの範囲で)。
チャージしなくても安定したそこそこの威力、チャージしてさらに威力アップ。」というesシリーズの念願がついに叶った。

命中精度も高め。でも連射は厳しい。
コントロールとパワーが逆な気もするけど、公式のステータス通りの性能。

それにしても、何故フォースコアといいアサルトコアといいドラグレンのコアはコントロールタイプなのに上位のパワーを持っているんだろう・・・?

角関連

ドラグレンと言えばサイトを兼ねた巨大な角
そんな角に関する情報をいくつか。

①角の角度は2段階

「角の角度が動く」と言う情報を聞いたときは『自由に動くのかな~?ってことは固定が甘そう・・・』と勝手に思っていたけど、実際は上げきったときと、下げきったときにしっかりと固定される仕様なので、角が勝手に動いてしまうという問題は無し!!
欲を言えば中間が欲しかった・・・

②角の上下の向き変更は出来ない

左右で角パーツと頭パーツをくっつける為の軸の径が違う

95634fc5

なので上下の入れ替えは不可。

モードチェンジ

サイトモード

シールドの溝とヘッドの角が合わさってターゲットサイトになるモード。
8ecc30b7
『これは意外と使えるか・・・?』と考えたけど、サイトの位置が高すぎて、小さいターゲットを狙うには不向き。

バレルモード

アサルトコアのシールを貼ってしまうと、バレルとしてシールドを付けるときに剥がれてしまいそう。
なので残念ながら試してない。
クライスコアで試した限りだと、元々弾道がまっすぐなせいか、特に恩恵は感じなかった。

スタピライザーモード

無難に使いやすい。

エンブレムチャージモード

結局これが一番使いやすい。
機体全体を下に押しつけられるので、eチャージしても安定した発射ができる。
慣れないとシールドが浮いて外れてしまうかも・・・

タイガルと合体

各地で話題になっている(?)通り、残念ながら出来ませんでした
もし合体できても、名前は前回と同じく「パーフェクト=ドラグレン」になるだろうから、被り防止のためだろうか・・・?

スタピライザーが付く軸の径はタイガル用よりも細い。

a18f37a5

続く・・・

スポンサーリンク
ブログ用1
ブログ用1

シェアする

フォローする