フリックス「ルブケート・レパーセ」

ネタが思いついたのでバクタンセ・サミンに次ぐ2つ目のフリックスを作ってみました。
9217dd69
ルブケート・レパーセ

自作二号機。
あえてナンバリングを付けるなら「KP-02 ルブケート・レパーセ」。
現状「自作以外のフリックスがあるのか?」という事になるけど、僕自身が作ったという意味で。
フリクス自体の詳細は発案者ユージンさんのところを参考に。

申し訳程度のデザイン説明

100均一での材料調達時に偶然ピンクのアクリルパウダーが目についたので無駄にピンキストなフリックスにしてみました

モチーフは当然無し。流石にこの形状後付できまい。

素材ベースはやっぱり紙粘土。(サミンのあまり)
紙粘土の可能性を試したかったので、今回はプラリペアコーティングではなく、紙粘土の周りを全体プラスチック板で囲む方針に
というかプラ版外装の中に紙粘土を詰め込んだ感じになった。

光が丘テーブル落下は試していないけど接触では全く問題ない

機体スペック紹介

横幅はレギュレーションギリギリ8.5cm。
重さは58g。

91ca4290

軽量級機体のつもりで作っていたのにプラ版多用したせいか思ったよりも重くなった。

シャーシに重りを入れることで

2c06de23
ce6c6ca1

レギュギリギリまで重さ調整ができる!

6ecb3cd6

シュートポイント

eeaccff2
「インパクトラバースピンエディション」

サミンのインパクトラバーをスピン仕様にアレンジしたもの。

6f6d75e0

出っ張り部分を横にはじく事で強力なスピンを生み出す
卓球ラバーの最高峰「テナジー」を贅沢に使用。

シュートポイントの向きを変えれば逆回転も可能。

6cd54789

ついでに横デコピン撃ちでも邪魔にならなく出来る。

スピンショット用なので横方向に力が加わるせいで何度か破損

d7d3d833

かなり頑丈に作る必要がある。

ギミック紹介

本題ぶっちゃけこれ以外のことは考えてない。

今回のコンセプトは機体名の通りケーブル(紐)セパレート(分離)

今回も機体名はアナグラム。
「セパレートケーブル」の並び替え。

基本機能①~ケーブルシステム~

今回やりたかった事。
6e5505ea
展開!

可変機構と紐を使って超広範囲を攻撃

c601852b

基本的に紐を生かすシュートはスピンシュートになるので射程範囲は直径換算50cm以上

吹き飛ばす力は弱いけどマインと敵を巻き込んで攻撃するのはお手の物!

勿論展開前の寸法はレギュレーションに収まる

このルブケート・レパーセのせいで紐も周りのレギュレーションを急遽作ったといっても過言じゃない。

基本機能②~セパレートシステム~

最初はまったく考えてなかったけど紐周りのレギュレーションを話していた時に一緒に分割周りも決まったのでこの際組み込んでみた。

分割としては
メイン部。シュートできるのはここだけ。

49684b7e

セパレート部。分割ギミックの要。

87d1e196

ケーブル部。ケーブル周りのギミックはここにまとまっている。

ec26a709

3分割

固定方法のアイディアはKルボンさんのラミューロのマジックテープを参考にさせて頂いた。
マジックテープでも遊ぶのに十分な結合力は出る。

分割の基本的な使い方は、敵とマインが離れているときに、セパレート部を弾として自機でで弾き飛ばして狙い撃ち

c9cf76d2

紐でいいような気もするけど、団体戦で仲間を攻撃せずに狙撃したい場面では有効かもしれない。

機能③~フリーウエイトシステム~

2868e284

セパレート部からさらに小ケース2つが分割できる。
シャーシの代わりにこっちに重りを入れることで重心の調整ができる。

b2d1d6c1
96eaafb2
c48934d9

その場合の本体側小ケースは中身がこぼれない様に、元々のケースによる固定に加えて、はめ込み・マジックテープ・壁による抑え込みを合わせて厳重に固定。

機能④~アンカーモード~

上記3つの機能の合わせ技にしてフリップアウト狙いの時の要となる形態
ルブケートはマイン狙いだけの機体じゃないぜ!

おもりを入れていない方の小ケースに紐の先端の重りを固定

8604b976

そしてセパレート部を分割。

735aab0c

これがアンカーモード!

アンカー側と本体側の重量バランスが近いので、いい感じに本体の動きを阻害する。

紐が伸びきるまでは100%の力で攻撃
紐が伸びきった後はアンカーが抵抗になり減速

4094220c

これで

自滅が怖い場面でもフリップアウトが狙える!

機能⑥~完全分離・ヌンチャクモード~

403a6c28

アンカーモード状態からさらにケーブル部を切り離し。

作った本人にも用途がわからない
一応本体が軽量級になるのを生かせるのかな?

弱点

攻撃範囲が増える=被弾面積も増える。
すなわち
・敵からのマインも食らいやすい。
・分割時は軽くなるのでフリップアウトされやすい。
(どれか一つでもアウト)
防御面には難がある

メイキング編

材料はこんな感じ。

3800c3cc

基本的に100均。
いつも通りプラ版は下敷きで代用。
マジックテープは色合わせの為に後でピンクを買い直し

あとは、いつものように図面も引かずその場のノリで組む。以上。
3b9a7b24
7936f873

また今回の製作では、フリックスの寸法速見ができるように製作補助シートを作成。
ただ、印刷時にどうしてもズレが出てしまうため現状公開保留中。
現在はwordで枠を作成→ PDF変換→PNG化とやっているせいかもしれない。

といわけでレギュレーションの申し子(?)ルブケート・レパーセでした。
早く実戦で試してみたい。

スポンサーリンク
ブログ用1
ブログ用1

シェアする

フォローする