シュートサポートラバー

ベイブレードバースト用の引く部分に付けるラバーパーツがついに発売。
CIMG7494
メタベイ時代ランチャーラバーが好きだった立場からすると、待ちに待ったパーツ。
シリーズ開始直後から出るだろうとは思ってたけど。

地味なパーツだし、どこまで効果があるのは不明だけど、あった方が持ちやすいと思えるならあったほうが良いパーツ
ラバーアシストと紛らわしいので、現物見ずに買うときは注意。

ユグドラシル・リング・ジャイロと同日発売だったので発売日に一緒に購入。
定価500円(税抜)。
ヨドバシでも税込540円。割引なし(ポイントは付くけど)。

セット内容

赤・ワインダー用
赤・ベイランチャー用
青・ワインダー用
青・ベイランチャー用
の4個入り。ダブりは無い。

良く言えば全部入り。このセットを買えばどのシューターにも対応可能
「せっかく買ったのに付けられない」という切ない事にはならない。

悪く言えば抱き合わせ
「色or形で分けて2個入りにして、半額(250円)で販売してほしかった」ってのが正直な所。
流通とか、人気の偏りとか他のシューターに取り付けるパーツ(アングルグリップ+ラバーアシスト)と同額にしたかったとか、いろいろ事情もあるのもわかるけど・・・

ベイブレードロゴの刻印や塗装は残念ながら無し。

ワインダー用

CIMG7495
ワインダーに装着する方。
装着するとこんな感じ。
CIMG7503
前後がやや、ややこしい
ロングワインダーにも同様の方法で装着可能。

握りやすさアップも確かにあるけれど、ワインダー横持派からすると、ノーマルワインダーを横持ちできるようになることが最大のメリット。
(素直にロングワインダー買えって話になるけど)

ドラゴンワインダーと

ワインダー横持派になった原因にして、何となく似ている気がする初代のドラゴンワインダーと並べるとこんな感じ。
CIMG7504

誤った装着例

CIMG7496

カーブと淵がやたらと指にフィットするので、うっかりやりがち。
これをやってしまうと、力のかかり方の都合上すぐに外れてしまって使い物にならない
CIMG7498

引っ張ると開いてしまう。

ベイランチャー用

CIMG7499
ベイランチャーに付ける方。
装着するとこんな感じ。
CIMG7501 これは前後の間違えようがない

ランチャーラバーと

このパーツの先代であるメタルファイトベイブレードのランチャーラバーと一緒に。
CIMG7505
淵(指をかける部分)が大きくなっている。

ワインダーに付ける

実用性はともかくとして
ベイランチャー用をノーマルワインダーに取り付けることもできる

CIMG7500 剣っぽくてかっこいい。
レギュレーション的にやっていいのかは不明

ワインダーを縦にした方がシュートしやすいって人からしたら使いやすいかもしれない。
ただ、シューターにワインダーを目いっぱい差し込むと、スペース的に指をかけることが出来ない。なので少しワインダーを引いた状態にする必要がある。

おまけ

現在発売しているシューターを強化するパーツを1種類に付き1つずつ装備するとこんな感じ。愛用中。

CIMG7502
(ベイランチャー+ランチャーグリップ+ベイロガー+アングルグリップ+ラバーアシスト+シュートサポートラバー)

なかなかボリューミー。値段的にもそれなり(単品版計算で4300円)。

カスタム要素もあり、カスタムするたびに手に馴染んでくるので、

実はベイブレードにおける「愛機」って
シューター側なんじゃないか

という疑惑が生れつつある・・・・

スポンサーリンク
ブログ用1
ブログ用1

シェアする

フォローする