調査:スパビではビーダマorビー玉?

近年のビーダマンシリーズでは「ビー玉」では無くビーダマ」と表記するのが一般的。
そんな中で『そういえば爆球連発!!スーパービーダマンではどうだったかな?』と気になったので調べてみました。

調査方法

Kindle版を目視で確認。
結果的にスパビーを丸々一周読んだだけども言う。

ビー玉を発射するのが当たり前の為か、専ら「玉」「ショット」「発」呼ばわりされる事の方が多い。

調査

1巻:ビー玉・宝玉

記念すべき第1話の冒頭の語りでは「宝玉(ビーダマ)」
ここだけフリガナがカタカナ「ビーダマ」
それ以降は全て「ビー玉(だま)」。フリガナの「だま」はひらがな
1巻はまだ「ビー玉」という表現が多い。

他にもビー玉戦士(ビーダー)というお馴染みの表現が登場。
カタカナで「ビーダー」表記が一般的になるのは3話のタイトル「謎のビーダー魔術師(ウィザード)登場!!」から。セリフとして出てくるのは5話から。

2~10巻:ビー玉

ルール説明や、「ビー玉が○○を走ってる」等のセリフでビー玉という単語が出てくる。
気がつくと「ショット」とかに押され、直接「ビー玉」と書かれる事が減っていくが、
「岩をビー玉で破壊できる」など、障害物をビー玉で破壊できる説明では高確率で登場する

11巻:ビー玉

本編でもでかいビー玉や消火器のシーンなどがある上に、この巻にはビー玉番長編も収録。
なので「ビー玉」という単語の出番が非常に多い。

12巻・13巻:ビー玉

ビー玉を発射するのが当たり前すぎて、「ビー玉」という単語がほとんど出てこない
12巻ではお約束の壁をビー玉で破壊出来る説明シーン、13巻はいかさまの説明のみ登場。
探し出すの結構大変だった

14巻:ビー玉

前2巻にほとんど「ビー玉」という単語が出てこなかった反動か、オーグルのアンテナやルール説明、回想シーンなどで多用される。

15巻:ビー玉、ビーダマ

最終巻。
P62(勃発!運命をかけたバトル」)では「ビー玉」呼び。
その後のP69(波乱の幕開け!!最終決戦)でのかまいたち解説シーンで遂に「ビーダマ」呼び
それ以降は「ビー玉」とも「ビーダマ」とも呼ばれることはない。

結論

フリガナ含めて「ビーダマ」表記は最初と最後の2回だけ。妙な特別感がある。
なぜ最後だけ「ビーダマ」なのかは不明。
校正の見落としなのか、バトルビーダマンを考慮して表現を統一するためなのか…

以上、スパビでは「ビーダマ」と「ビー玉」どちらの表記だったかの調査でした。

おまけ

いつからビー玉戦士という表現が使われなくなったかについて追記したい… →追記しました。

スポンサーリンク
ブログ用1
ブログ用1

シェアする

フォローする