【フリックスアレイ公式】スポットバリケード

3Dプリンタおもちゃ(フリックスアレイ)
この記事は約5分で読めます。

ユージンさん(@masaiyuji)が提唱したおはじき競技玩具「フリックス・アレイ」のアクティブバトルに使用するフリップバリケード」。

より競技をさらに面白くするため、そして今後競技が広まった時の入手性を踏まえて、ユージンさんと議論と試行を重ねて3Dプリンタを使った理想のフリップバリケードを作成してみました

名付けて「スポットバリケード」!!1

(※「フリックス・アレイ公式のバリケード」として採用されました!)

概要

フリップバリケードのおかげで防御ターンにバリケードを用いて機体の落下を防ぐことができるので、防御ターンでも見守るだけでなく試合展開に積極的にかかわれるようになった
さらに「強い衝撃を受けると程よく外れてしまう(バリケードが壊れてしまう)」というバランスに調整されているため、アクティブバトルを盛り上げる一要素になっている。

今でも段階的に進化してきたフリップバリケードだけど、最近では攻撃力が強化されすぎてガードしても簡単に割られてしまう場面も増えてきた
さらに上級ルールが発足し「バリケードが割られること」の重要性が増した2

そんなわけで、今回ユージンさんとより試合に適したフリップバリケードを作成する話になった

入手方法(配布)

フリックス・アレイという文化の発展を応援する為、3Dデータを無償公開します。
各自ご自由にご利用ください。

【公式】スポットバリケード
ユージンさん(@masaiyuji)が提唱したおはじき競技玩具「フリックス・アレイ」のアクティブバトルに使用する「公式フリップバリケード」のデータです。 競技をより楽しむためにお使いください。 組立方法や詳細についてはこちらをご...

組み立て方は後述。

特徴

①スポットガード

マグネットの取り付け向きを変更したので、全体的に今までのバリケードから防御力は全体に向上

このバリケード最大の特徴がスポットガード機能
中心で捉えたときは防御力がほぼ無敵レベルに高められる
スティック側の柱のおかげで、中心に限り今までは無力だった斜め上へのカチアゲすら防ぐことができる
ただし、完全ガード可能なエリアはかなり狭い3
なので、より軌道を読む力や瞬間的な判断といったテクニックが活かせるようになった

全体的な防御力が上がったので、中心からずれたところでとらえても防御は可能。
とはいえ、バリケードの中心から外れれば外れるほど防御力は著しく下がってしまうし、バリケードが割られるリスクも上がってしまう

②押さえつけ

フリップバリケードおなじみの、強く地面に押さえつけることで防御力が上がるシステムももちろん踏襲。

スティックを強い力で押さえつけるほど、地面との摩擦により全体的な防御力の底上げが可能
完全防御できるエリアが地味に広がる効果も。

とはいっても過信は禁物。
押さえつけるのでとっさの機動性落ちてしまうし、曲面形状なのも相まって、いくら強く押さえてもバリケード端に強い攻撃を食らったら普通に割られてしまう

なので、バリケードが強すぎて試合が硬直してしまうことはないはず

③扱いやすさ

取り付け方をシンプルにしたので、競技中外れたバリケードを再度取り付ける時、向き等を気にせず素早く簡単に組み立てられるようになった
重心にもこだわったので、持ち上げた時に回転してしまって持ちにくい問題も対応済み。

また、組立時に磁石の極性を気にしなくていいのもひそかに便利。

組み立て手順

必要なもの

説明

印刷したデータ

こちらからDLしたSTLファイルを印刷してください。

印刷時のおすすめの向き。

マグネットキャッチ
「C-54-1」

タキゲン(TAKIGEN)製のマグネットキャッチの「29×16(t=1.6)」の受板のみ使用する
ホームセンターで購入可能。
価格は80円弱4
同サイズに切り出した鉄板でもOK5

ネオジムマグネット

100均で購入可能。

割りばし

市販品の四角いタイプ。

 

手順

①壁側の組立

印刷した壁の溝にマグネットキャッチの受け板を取りつけます。

強力両面テープ等を使ってしっかり固定してください。

②スティック側の組み立て

まずは印刷したものの正面にマグネットを埋め込みます

鉄板相手に着くので極性は気にしなくて大丈夫です6

基本的には圧入だけで可能なように設計していますが、必要に応じて接着剤・テープ等で補強してください。

次に割りばしの持ち手を取り付けます。
割りばしを奥まで差し込んでください。

③仕上げ

最後にマグネットで壁をスティックに取り付けたら完成です。

さいごに

以上、新型フリップバリケード「スポットバリケード」の紹介でした。
是非組み立てて、より防御面が熱くなったフリックスの試合を体験してみてください。

注釈
  1. フリップバリケードの一種として「スポットバリケード」があるイメージ。[]
  2. 具体的には「上級ルールでは一回割れたバリケードは再取得するまで使用不可」というルールになった。[]
  3. 広すぎたら強すぎて競技として面白くない。[]
  4. マグネットとセット部とセット、価格は色による。[]
  5. 安全のために角を丸めるのを忘れずに[]
  6. 個人的こだわりポイント[]

コメント

タイトルとURLをコピーしました