フリックス「フェロー・フリクシロ」

名前が決まらず公開が遅くなったフリックス紹介(その1)。

フェロー・フリクシロ!!

テーマは「白」。そして「対」
名前の由来も「フリ(ッ)ク(ス)+白」
要するに白いフリックスだから。
フェロー(fellow)は「(二つのうちの)片割」の意味
対となる黒い機体も作ったので片割れ。

ナンバリング的には「KP-08」。
いままで「白いの」と呼ばれていた機体。

全体性能

重量:16.8g
軽量級で機動力重視の機体。

ボディ「フェロー・フリクシロ 」

比較的オーソドックスなノーギミックの造形機
単なるパテ造形に加え、隙間をエポキシパテで埋めて重量を稼いでいるが、かなりの軽量級。
一応滑り込みをしやすい形状なくらいで癖は控え目。
白一色

シャーシ「パネルイングリップシャーシ」

大きくくり抜いたシャーシに「特徴のあるパネル」を入れたパネルインシャーシ

くり抜いたシャーシ部分はいくらでも使いまわしが効き、パネル部分だけ作ればいくらでも特殊シャーシが作れるので、フリスクケースに余裕は無いけど色々なバリエーションを試したい人(主にフリックス入門者)には結構お勧めな方法

パネルインシャーシの特徴として「内蔵するウエイトの量によって、パネルに付けたギミックの接地力が変わる(パネルを押し付ける力が変わる )」という物がある。
このシャーシはパネルに厚手のゴムスポンジを貼った物
内蔵ウエイトが増えるとグリップ力が上がる。

この機体では軽量級ボディに合わせ、機動力維持目当てでグリップは非常に軽めに調整(内蔵ウエイト無し)。

その他

上記のとおりウエイトは無し
素だと軽いけど、ウエイトを追加すれば重くもできる。
シュートポイントもノーマル

というわけでフェロー・フリクシロでした。

対の機体へ
更なる可能性へ

スポンサーリンク
ブログ用1
ブログ用1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする