メタルビーダマン動画

メタルビーダマンはその名の通り、鉄球を発射するビーダマン

354ac680
弾速は遅いけど重量があるので意外と破壊力はある

遅いので地味に見えがちだけど・・・

そんなメタルビーダマンでいろいろなターゲットを撃って動画にまとめてみました

余談だけど撮影日は9月7日。
ようするにけっこう前・・・時がたつのは早い。

動画の補足


使った機体


メタビー

①イグルス
鳥みたいなやつ。唯一のマガジンもち
後期モデルなのでホルパが短く締めうち不可。詰まりにくい。

②ガイオ
トラっぽいやつ。
初期モデルなのでホルパが長く締め撃ち可能。
やや詰まりやすい。

ビーダマンJr

①クリアブルーボンバーマン
詳細不明。
確か元々はキーホルダーだった。

メタビー本体を立たせる(撮影用)

ビーダマン本体にも上下左右にマグネットが仕込まれているのを利用して、爆丸のゲートカードの上に乗っけたり、フエルトの下にマグネターゲットを置いたりすると安定する。

頭の固定

ヘルメットに仕込まれているのはマグネットではなくただの鉄
なので固定力は弱め。
なので、頭の磁石よりも反対の極で強い磁石を近づけると、強い方の磁石によってヘルメットが回収されてしまう(おまけ2)
 

EZターゲット・人型ターゲットなど

トリガーを強めに押せば普通のビーダマンのターゲットも撃破可能だった。
連射する機会が無かったのでせっかくだからこの場面で。

ビー玉と違ってメタルビーダマは汎用品じゃないので、連射するための弾の入手ハードルが少々高い・・・

マグネターゲット

e5d1205e

これこそがメタビーの真骨頂

上の写真のような出っ張りが4つあるS極ターゲットと、出っ張り2つのN極ターゲットがある。
中に非常に強い磁石が入っていてメタル弾を引き寄せる。
そして、勢いよくひきつけられたメタル弾がくっつく勢いで飛びはじける!

中心をとらえるとはじけ方が地味目。
ぎりぎりをとらえると派手にはじける!
でも、勢いが強すぎるとターゲットの坂部分で跳ねてしまいマグネットにくっつかない事もある。
(動画、横向きスロー2回目)

必殺球(ストライクショット、クラッシュバレット)のメタル弾分身弾の片割れでも問題なく飛び跳ねギミックは作動する
(分身弾で狙うのは凄まじい高難易度だけど。)

ほとんど飛び跳ねないけど爆丸もいけた
爆丸の場合はN極ターゲットでないとポップアップしない。

ビーダマンJr.(ジュニア)とメタビー

a1bef54b

小径のビー玉を発射するビーダマンJr.とメタビーは機体・球ともに大きさがなんとなく近い

使う球を逆にしてみても意外にも問題なく装填できる。 (もちろん非公式)

66ac1696

若干ビー玉の方が大きめ
なので微妙にビーダマンJr.には隙間があるし。メタビーもお腹から捕球する方法しかできず、残念ながら頭から給弾することはできない(=ビー玉で連射はできない)。

5bbd7867
頭だと引っかかってしまう・・・

こんなわけでメタルビーダマンでした。
メタルビーダマンは頭(ヘルメット)が外れやすいのとスピード感が無いせいであまり人気が出ず半年で終わってしまったのでシリーズ全体でもマイナーな存在(Jバスターよりは知名度があるけど)

それこそ僕が今回動画を上げるまでネット上で検索しても動画が見つからなかったくらい。
だけど、実際やってみると、他のビーダマンシリーズには無い個性的なヒット感や遊びが楽しめるので機会があれば是非!
スポンサーリンク
ブログ用1
ブログ用1

シェアする

フォローする