ビー玉版ドットボール

先日、ビリヤード好きの知人に

最近のビリヤードでは手玉は真っ白のボールでは無く
ドットボールというものが使われている

ということを教えて貰った。

何でも、ドットボールというのは

ボールに6つの赤い点(ドット)が付いていて
自分の突いた球の回転がよく見える球

で、練習のときに便利らしい。

(理想の回転がかかってるか、よけいな回転がかかってないか等)

…これはビーダマンでもスピンを見るのに使える!!

というわけでやってみました。
1eecd0c8

作り方は、白いビー玉を用意して・・・

a8f1f21d

赤いマジックでドットを6つ書く

b40c1307

これだけで完成。

0437a5b7
とっても簡単!!
白ビー玉の入手さえできれば!!(後述)

ちなみにおなじみのオーロラクリアだとドットを打ってもよく見えない

3d608d7c

使うときは、肉眼だと弱回転系無回転の確認は見えるけど、高速で飛んで行く球の回転はさすがに見えないのでスーパースローが撮れるカメラがあると捗る。

ただ、ビリヤードに比べてサイズが小さいのでスーパースローでも明るさ(光量)などをうまく調整しないと綺麗には見えない…

近いうちにドライブ、変化球、スピン系の機体を使って回転比較動画でも作ってまとめてみます。

おまけ1:ブラックドットバージョン

be9a9fb5

ビリヤードでは赤だけど、ビーダマン用にするにはこっちの方が見やすい?

おまけ2:普通のビーダマと真っ白ビー玉の比較

透き通っていないビー玉というのも結構新鮮。

7c396c83

おまけ3:白ビー玉の入手について

実はこのネタは思いついて3か月くらいたつ。
なぜ今までやらなかったかというと
白ビー玉を扱っているところが無かったから。
 
まさかのハンズですら取り扱いが無い

わずかな可能性に欠けてしばらくは雑貨屋インテリアショップ、さらにはペットショップ花屋(水槽、花瓶にビーダマを入れることもある)なども含めてさまよっていた。

ネット通販も調べてみたけど150円程度の物の送料が700円(雑貨屋さん)とか数百球単位(ビーダマ工場)とかでしっくりくるものが無くてリアル店舗で探していた。

今回は巣鴨にある「木のおもちゃwoodwarlock(http://www.woodwarlock.jp/)」で扱っているという情報があったので、池袋に行く用事のついでに行って購入。

3c0f3078

10球入りで86円

e67f7be0-s
(いくつか足りないのは使った後に撮ったから)

結構お買い得!!

※在庫が無い場合もあるので事前に問い合わせると良いかも。
行く場合は大通りではなく1つ内側の通りにあることに注意!

ビーダマ目当てで行ったけど店内の雰囲気もいい感じ

店内は一部のおもちゃを手にとって見れたり、店員さんによって既に組まれた安定して転がるビーダマころがし(クーゲルバーン)にビーダマを転がしたりできて結構楽しい。

木でできているならボードゲーム(コマが木製等)とかも扱っているし、なぜか珍しい柄のバイシクル(トランプ)まであった。
日曜日(と水曜日)が休みでやっている日も17:00には閉まってしまっているので会社で働く人は少々行きにくいのがネックだけど玩具が好きなら大人でも結構楽しめるかも?

でも正直成人男性一人で行くのは気が引ける

(自分は気にしないけど。気にする人は「親戚の子供のプレゼントを探してます」って雰囲気でいけばOK。)
スポンサーリンク
ブログ用1
ブログ用1

シェアする

フォローする